湖山大門で食べれるお肉

鳥取和牛

鳥取和牛
鳥取では、江戸時代から指折りの和牛の産地として良牛が受け継がれてきました。
牛のオリンピックとも称される「全国和牛能力共進会」。その第1回(昭和41年)に肉牛部門で栄えある優勝を飾った「気高号」。その血脈を受け継ぐ鳥取が誇るブランド牛です。

牛肉にはオリーブオイルの主成分であるオレイン酸が含まれていますが、鳥取和牛は特に多量にオレイン酸を含んでいるというのが大きな特徴です。
オレイン酸は融点が低いので、肉を噛んだ時にじゅわっと広がる肉汁は絶品です! 肉本来の食味・風味をお楽しみください。

オレイン55

オレイン55
脂肪に含まれるオレイン酸が55%以上の牛肉をオレイン55と言います。
オレイン酸は不飽和脂肪酸。魚油や植物油のように常温で固まらないので、他の食肉に比べて動脈硬化が進行しにくい現代人向けの牛肉として注目されています。

鳥取の肉牛飼養数は約17,000頭と全国の0.7%。
内オレイン55と認められて出荷される和牛はなんと年間たったの400頭!
凝縮された旨味が広がる至極の一品です。非常に希少な牛肉ですので、是非一度食べてみてください。

東伯和牛

東伯和牛
東伯郡琴浦町の地域ブランド牛にあたる黒毛和種で、大山を頂く豊かな自然の中で長年培った肥育技術によって育てられました。配合飼料は指定されたもののみを使い、安心にもこだわった肥育を行っています。

綺麗な水と空気、肥沃な大地は、脂質をまろやかにし赤身とのバランスを絶妙に整えてくれます。
scroll-to-top